第2戦の発掘まとめ 日本代表インド遠征 現地ニュース3本

毎回、実に好評の「現地ニュース発掘企画」です。
見てくれている人がこれだけたくさんいると、モチベーションあがるっす。
ということで、今夜は3本つめあわせです!


まずはHOCKEY INDIA(インドホッケー協会)のTOPを飾る写真がこちら

c0354295_01220432.jpg
今夜も拡大して遊ぼう!!!!

KAWAKAMIケイさんです!(川上啓)
c0354295_01233167.jpg

TACHIBANAトシローさんです!(橘敏郎)
c0354295_01233562.jpg



おい!ONO小野さんを出せ小野さんを!!!
インドホッケー協会の中の人、カユさん ケイさん トシローさんときたら、次はノッチさんをお願いします。
※タカセさんはこのあと出ます。(失点シーンで。)


では第2戦のスポーツニュースです。
2つのニュースを、機械翻訳と原文を併記して載せますね。


THE TIMES OF INDIA

Sardar shines as India take lead against Japan


TAKASEカツヤさんです。記事内にも名前が出ています。

c0354295_01292860.jpg
(機械翻訳流し込み)
ブバネスワル:最初のマッチの期待外れのショーの後に、インドは、火曜日にカリンガスタジアムで日本2-0を打ち負かすために、4マッチホッケーシリーズの2番目に強く戻った。48番目の分にDharamvirシンがリードを二倍にする間、SK Uthappaは27番目の分について1番目の点を取った。

それは、1番目で、それらの無味乾燥な示しに比べて、ポールバンロバ指導側から、多く改善されたパフォーマンスであった。キャプテン軍司令官シンはミッドフィールドで見事で、動きのほとんどを統合した。マッチの終わりごろに、それは、日本の防御を、何回もトラブルに遭っているようにした軍司令官、Ramandeepシン、およびYuvraj Walmikiのトリオであった。

インドはマッチを用心深く開始したけれども、ゲーム、大きいチャンスへの7分は彼らのところに来た。Ramandeepは2人のディフェンダーを避けて、左からNikkin Thimmaihに交差していた。その人はゴールマウスで待っていた。サルタンAzlanシャーカップのオーストラリアに対してハットトリックを得点した若いストライカーは、中にそれを弾き飛ばすことに失敗し、ボールはきれいにされた。

それに続いていることは、インドのストライカーが、それが日本の防御を第1四半期に浸透させづらいのを発見し、それが、前進し続けていた日本人であったことを提案する。しかし、最初のマッチと違って、軍司令官&Co.は効率的な防御用のユニットとして遊び、非常にしばしば相手によってDに浸透させることを可能にしなかった。

第2四半期は、インドが攻撃に行くのを見て、それらは、四半期にマッチの最初の刑罰コーナーにより7分正しく報いられた。最初のマッチにおいてインドの孤独なゴールを得点したVR Raghunathは、彼の弱いショットが受信ディフェンダーに当たるとこの時目標を見つけることに失敗した。数分後で、日本はそれらの最初の刑罰コーナーも勝ち取ったけれども、それはインドの管理人PR Sreejeshにより容易にきれいにされた。

インドはその時カウンターアタックに行き、それは、前半の部門に残されていた3分によって最初のゴールを得点したUthappaであった。Yuvrajは見事なランをし、ボールを、ボードを鳴らす時にトラブルを全然しなかったUthappaに手渡した。インドは推進力を第3四半期に続けたけれども、ネットを見つけることができなかった。

それらは、非常に長い間 最終的な4分の1の最初にDharamvirがリードを二倍にしたこととしてのけれども 待つ必要がなかった。彼がランをDにし、ゴールにボールを激しくたたいた時に動きを開始したのは、SV Sunilであった。日本のゴールキーパーカツヤタカセは早く、出たけれども、ボールを片付けることに失敗し、Dharamvirは家にそれに溝をつけた。

(原文)
BHUBANESWAR: After a disappointing show in the first match, India came back strongly in the second of the four-match hockey series to beat Japan 2-0 at the Kalinga Stadium on Tuesday. SK Uthappa scored the first in the 27th minute while Dharamvir Singh doubled the lead in the 48th minute.

It was a much-improved performance from the Paul van Ass-coached side compared to their insipid showing in the first. Captain Sardar Singh was brilliant in the midfield and orchestrated most of the moves. Towards the end of the match, it was the trio of Sardar, Ramandeep Singh and Yuvraj Walmiki which put the Japanese defence in trouble more than once.

India began the match cautiously but seven minutes into the game, a great chance came their way. Ramandeep dodged two defenders and crossed from the left towards Nikkin Thimmaih, who was waiting at the goalmouth. The young striker, who scored a hat-trick against Australia in the Sultan Azlan Shah Cup, failed to flick it in and the ball was cleared.

Following that move the Indian strikers found it hard to infiltrate the Japanese defence in the first quarter and it was the Japanese who kept pushing forward. However, unlike the first match, Sardar & Co played as an efficient defensive unit and didn't allow the opponents to infiltrate into the D too often.

The second quarter saw India go on the attack and they were duly rewarded with the first penalty corner of the match seven minutes into the quarter. VR Raghunath, who scored India's lone goal in the first match, failed to find the target this time as his weak shot hit an incoming defender. Few minutes later, Japan also won their first penalty corner but it was easily cleared by the Indian custodian PR Sreejesh.

India then went on the counter-attack and it was Uthappa who scored the first goal with three minutes left for the end of the first-half. Yuvraj made a brilliant run and passed the ball to Uthappa who had no trouble in sounding the board. India carried on the momentum into the third quarter but were unable to find the net.

They didn't have to wait too long though, as Dharamvir doubled the lead at the beginning of the final quarter. It was SV Sunil who initiated the move when he made the run into the D and slapped the ball hard towards the goal. Japanese goalkeeper Katsuya Takase came out early but failed to clear the ball away and Dharamvir slotted it home.



ASIAN AGE より

Hockey Test Series: India beat Japan for series lead

c0354295_01340268.jpg


(機械翻訳)
インドは、火曜日にブバネスワルの4マッチホッケーシリーズのそれらの2番目のマッチにおいて日本2-0を破った。最初のゲームは引き分けで終わった。

S. K。ホストのために得点されたUthappaとDharamvirシン。チームは、速い整調された試合を展示して攻撃ホッケーを初期の4分の1に行った。競争する防衛を突破するために日本が長いパスに頼る間、ちょうど彼らがプレッシャーの下の日本を保持した時に、ホストは防衛において堅固であった。

インドは27番目の分にリードした。その時Yuvraj Walmikiからの素晴らしい十字はS.K. Uthappaを見つけた。

後者は、0.5回で、インド導き1-0として、きちんとした偏移によってネットを見つけた。インドはプレッシャーを基にしようとし、第3四半期に上部の手を持っていた。

軍司令官シン導かれたチームは、攻撃を維持したけれども、健康な組織されたJapanse防御によって迎えられた。日本は4番目および最終的な4分の1のいくつかの迅速な動きをしたけれども、インドのディフェンダーは仕事に及んでいた。チームが格闘し続けたように、ミッドフィルダーDharam-virシンは、48番目の分に勘定に追加するために、印象的なスキルが、防御を過ぎる彼の方法を見つけるのを見せた。

インドは、Walmikiが逆のショットを試みた時を3-0にしたかもしれないけれども、日本の防御は死にかけている分に高くあった。3番目の試合は木曜日に行われる。

(原文)
India defeated Japan 2-0 in their second match of the four-match hockey series in Bhubaneswar on Tuesday. The first game had ended in a draw.

S.K. Uthappa and Dharamvir Singh scored for the hosts. The teams played attacking hockey in the initial quarter, showcasing a fast paced game. While Japan relied on long passes to break through the rival defence, the hosts were solid in defence even as they kept Japan under pressure.

India took the lead in the 27th minute, when a fine cross from Yuvraj Walmiki found S.K. Uthappa.

The latter found the net with a neat deflection as India led 1-0 at half time. India tried to build on the pressure and had the upper hand in the third quarter too.

The Sardar Singh-led team kept up the attack, but were met with a well organised Japanse defence. Japan made some quick moves in the fourth and final quarter, but India’s defenders were up to the task. As the teams continued to tussle, midfielder Dharam-vir Singh showed impressive skills finding his way past the defence, to add to the tally in the 48th minute.

India could have made it 3-0 when Walmiki attempted a reverse shot but the Japanese defence stood tall in the dying minutes. The third match will be played on Thursday.



最後はNDTVです。
India Beat Japan 2-0 in Second Hockey Test

The match had an interesting start where both India and Japan came out all guns blazing and played a fast-paced game.

おおお!なんだこの、いっぱい写っているおいしい写真は!


c0354295_02020984.jpg
では拡大します。
SHIOKAWAナオトさんです!(塩川直人)
c0354295_02042374.jpg
これはFUJIMOTOイッペイさんだな!(藤本一平)
c0354295_02042793.jpg
これでスグル(新本)と小野さん以外は全員、写真で生存を確認した!
控えGKのスグルはともかく、小野さんの写真よろしくです!!!インドのメディアさん!


(機械翻訳)
自信があるインド装備は、火曜日にここで4つのテストシリーズの2番目のマッチにおいて日本の上の2-0勝利をやりとげた48番目の分にDharamvirシンがリードを二倍にする前に、インド人はS.K. Uthappaから27番目の緻密なストを通じてリードに急増したマッチは、すべての銃の外で両方のチームが燃え立って来、テンポが速いゲームをした所に興味深い開始を持っていた。
それらの長いパスでインドの領域に入るために、日本が、計画された攻勢に頼る間、ホストは、それらの防衛ラインを強化すると決めた。
両方のチーム 機会において得点することができない と、ゲームの第1四半期はゴールなしに行った
第2四半期に、ライバルは、右の瞬間が攻撃することを防御用に待つことをした。日本からの非常にポジティブな遊びにもかかわらず、ビレンドラLakraが自身を完全に置き、ボールを、右の側面に当たってみたGurmailシンに手渡した時に、インド人はいくつかの得点機会を作成したけれども、彼がクロスバーを見つけると失敗した。
Yuvraj Walmikiが、美しいフィールドゴールを27番目の分に完璧に植えつけたUthappaに移り変わった時には、インドはその時リードした。インドは0.5回で1-0リードを保持した
自信があるインド少年が、第3四半期に、プレッシャーを、敵対したチームに築こうとしたことと表示されることと美しいいくつかが動くことと妨害。インドは、ボールをネットに入れるために、それらが少しのギャップも見つけることができなかったので、少し落ち着かず日本の少年が会われた間得点するいくらか試みをしたPradeepモルによって正しくサポートされたそれらのゲーム遊びを強めた。
両方のチームからの非常に健康な組織された防御の間に、第3四半期はゴール少なくあり続けた。
ゲームの4番目および最後の四半期は、同じ推進力から始まり、インドのチームが右の側面から攻撃するのが見られた。迅速にされる日本は動き、48番目の分にDharamvirが日本の要塞を楽々と攻撃するまで円の中に入ることから相手を限定するために続けられる、それを2-0にしてボールをネットに陸揚げする。推進力を維持することによって、Yuvraj Walmikiは逆の棒を撃たせられたけれども、日本のディフェンダーは高くあった。

(原文)
A confident India outfit pulled off a 2-0 win over Japan in the second match of the four Test series here on Tuesday.

The Indians surged into the lead through a 27th minute strike from S.K. Uthappa,before Dharamvir Singh doubled the lead in the 48th minute.

The match had an interesting start where both the teams came out all guns blazing and played a fast-paced game.

While Japan relied on planned offensives to enter into the Indian territory with their long passes, the hosts opted to strengthen their defence line.

With both the teams unable to score on the opportunities, the first quarter of the game went goalless.

In the second quarter, the rivals played defensively waiting for the right moment to attack. Despite very positive play from Japan, the Indians created several scoring opportunities as Birendra Lakra perfectly placed himself and passed the ball to Gurmail Singh who tried hitting the right flank but failed as he found the crossbar.

India then took the lead when Yuvraj Walmiki passed to Uthappa who flawlessly struck a beautiful field goal in the 27th minute. India held on to the 1-0 lead at half time.

The confident Indian boys tried to build pressure on the opponent team in the third quarter and displayed some lovely moves and interceptions.

India intensified their game play supported duly by Pradeep Mor who made several attempts to score while the Japanese boys were seen a little restless as they could not find any gaps to put the ball into the net.

Amidst a very well organised defence from both the teams, the third quarter remained goal-less.

The fourth and the last quarter of the game began with the same momentum and the Indian team was seen attacking from the right flank. Japan made quick moves and continued to restrict the opponents from getting into the circle until Dharamvir effortlessly attacked the Japanese citadel in the 48th minute, landing the ball into the net, making it 2-0.

Keeping up the momentum, Yuvraj Walmiki made a reverse stick shot but the Japanese defenders stood tall.





[PR]
by frater2015 | 2015-05-07 01:21 | 日本代表