発掘その4 'Rusty' India Draw 1-1 vs Japan in First Hockey Test

NDTVスポーツニュースより!

(超意訳要約)
なんかインドの記者は怒ってます。インドのプレーが錆びている(キレがない)と!
日本はランキング上では下だけど決して甘くは見てはアカンよ!、と言っていたインドですが
「ドロー」というスコアを目の当りにしたら「日本相手にこの戦いたぁどういうことじゃ!!」と怒り狂っています。


写真は、こんなんしかありません。

c0354295_14213066.jpg

最初のホッケーテストの、『さびている』インド引き1-1 vs日本


第3四半期のインドのVR Raghunathの刑罰コーナー変換は、第2四半期に日本のリードを相殺した。

さびている防衛を表示することによって、インドの人のホッケーチームは、日曜日のBhubaneshwarにおいて期待外れの注のその4マッチテストシリーズを開始するために、日本に対して1-1引きを最後までした。
インドのために、ドラッグちらつきV R Raghunathは、第2四半期に日本が最初の血を汲み上げた後にそれらの相手とさえ到着するために、44番目の分に刑罰コーナーを変換した。
2、3の不成功な刑罰コーナーが両方のチームによって試みた後に、日本は19番目の分に打った。日本のミッドフィルダーはDの中の難しい平手打ちを置き、訪問者がリードを取った時に、ストライカーKurogawaダイチはそれをバーの中に迅速にはしょった。
第3四半期にさえ最終的にインドが壊れた時に、攻撃とカウンターアタックは、2番目と第3四半期に留まっていた。
Gurbajはインド刑罰コーナーを得て、Raghunathは臨床的に、それをゴールに変換した。軍司令官シンは中で舞踏会を激しく推進し、Raghunathはそれを日本のゴールキーパーの左に引きずり、ボールはネットにディフェンダーの棒に途中で照合印を付けた。
ポールバンロバ指導側は52番目の分に別のコーナーを得たけれども、Raghunathは、到着することに失敗した遊びの残留分に幸運 まわりのこの時 と縦すじが静的なままでいた。その間の時のインドのディフェンダーKothajitシンはこのゲームの彼の100番目の国際的な外観をマークした。
インドのディフェンダービレンドラLakraは、彼の100番目の国際的な試合も、日本を背景とした引かれたゲームに行った。
25歳がチームのバックボーンであり、均一である すべての重要な国際的なトーナメントの一部である。なぜなら、彼は、2012年にテストシリーズの間に南アフリカに対して彼のデビューをしたからである。
昨年の間の彼の目立った性能が、中に結果として生じていた 彼 裁決される ホッケーインド年間賞の初版の2014のためのプレイヤー・オブ・ザ・イヤー は、最近発表した。
偉業について彼を祝うことによって、ホッケーインド大統領Narinder Dhruv Batraは言った。「私達は、彼がこの目印を達成することについてビレンドラを祝う。


彼が国際的なアリーナのインドのために演奏し始めて以来、彼は防御ラインナップキー役割を果たす。私達は、彼のために彼の未来の努力のためのすべてのベストを祈り、来るために時に彼が彼のよい形を続けることを望む。」



'Rusty' India Draw 1-1 vs Japan in First Hockey Test


India's VR Raghunath's penalty corner conversion in the third quarter cancelled out Japan's lead in the second quarter.

Displaying rusty defence, Indian men's hockey team played out a 1-1 draw against Japan to begin its four-match Test series on a disappointing note, in Bhubaneshwar on Sunday.
For India, drag-flicker V R Raghunath converted a penalty corner in the 44th minute to get even with their opponents after Japan drew first blood in the second quarter.
After a couple of unsuccessful penalty corner attempts by both the teams, Japan struck in the 19th minute. Japanese midfielder put a hard slap inside the D and striker Kurogawa Daichi quickly tucked it inside the bar as the visitors took lead.
Attacks and counter-attacks continued in the second and the third quarter as India finally broke even in the third quarter.
Gurbaj earned India penalty corner and Raghunath clinically converted it into a goal. Sardar Singh pushed the ball in hard and Raghunath dragged it on the left of the Japanese goalkeeper and the ball ticked a defender's stick en route to the net.
Paul Van Ass-coached side got another corner in the 52nd minute but Raghunath failed to get lucky this time around and the scoreline stayed static in the remaining minutes of play. Meanwhile Indian defender Kothajit Singh marked his 100th international appearance in this game.
Indian defender Birendra Lakra also played his 100th international match in the drawn game against Japan.
The 25-year old has been the backbone of the team and even been part of all important international tournaments since he made his debut during the test series against South Africa in 2012.
His outstanding performance over the last year resulted in he being adjudged the Player of the Year for 2014 at the first edition of Hockey India Annual Awards announced recently.
Congratulating him on the feat, Hockey India President Narinder Dhruv Batra said, "We congratulate Birendra on his achieving this landmark.


[PR]
by frater2015 | 2015-05-04 14:27 | 日本代表