本当にあった不思議な不思議な話(前編)

これは、私自身が経験した、本当に本当に不思議な出来事です。
本当の話なのですよ。

毎年新年になりますと、元旦の12時とか1時とか、遅い時には2時とか、そういう時間に初詣に出かけます。

まずは地元の氏神様にお参りし、次に実家の氏神様にお参りに行きます。
実家の氏神様は、私にとっては子ども時代には一番の遊び場所でした。私の母の実家が先祖代々、神社と縁の深い古い家柄であることから、神社に対して親近感を感じていたこともあったと思います。(プラス、病弱インドア&ジジババ育ちの私の若年寄的な世界観も。)

前置きはここまで。

で、実家の氏神様にお参りしたとき、写真を撮りました。
ええ、毎年撮ってます、広報日記でもいつも元日の風景をアップしてると思う。
実は、この神社の境内に行く階段の一番ど真ん中の大きな提灯に、うちの亡くなったじいちゃんの名前がドーーーンと書いてあり、毎年その写真を撮り(その名入り写真は広報日記にはアップしてないけど)やあやあじいちゃんあけましてオメデトウ、今年も来たよ!と挨拶することにしているのだった。

何気なく数枚の写真を撮って、実家に戻って見てみたら・・・・・
不思議なものが写っていました。

ナニコレ?

その神社にない大きな楼閣が写っていたのです。
その写真がコレ。

c0354295_2251874.jpg



物凄く不思議!!!
家で皆で見たけれど、また、前後の写真もチェックしたけれど、これ1枚だけ。
あんまり不思議なので神社に戻って、写真の場所を確認しに行った。
当然何もない。
神社に集まっていた近所の人や、氏子の皆さんも写真を見てなんじゃこりゃ?と驚く。

そりゃあ何か別な写真が紛れ込んでたんじゃニャーのか?

とかなんとか言われようとも、それはない!
今の時代の写真はデジタルでデータに記録が刻まれているし、画像を加工してもすぐにわかる。だから鑑定に出したっていい。

これは神様がおらっせるわ!
(名古屋弁で、神様がいらっしゃる、の意味)
などと言いながら、なんだかいい感じで得をした気分の私でした。

しかし本当に不思議なことはずっとずっと後に起きたのです。

後半に続く!!!





---☆--☆---------------------
▼名古屋フラーテルホッケーチーム公式サイトはこちら
▼コメントは下段より投稿可能です。
なお、こちらには投稿された方のメールアドレスや個人情報は届きませんので、
返信を希望される場合はメールアドレスを記載して下さい。
(個人的なメッセージは【非公開コメント】にチェックを入れてから送信して下さい。)
---☆-------------------☆----

[PR]
by frater2015 | 2015-02-14 01:45